インターネット キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンの二段階の落とし穴

回線事業者やプロバイダの販売代理店からインターネットの契約を申し込むとキャッシュバックや商品などの特典をもらうことができます。従ってインターネットの契約は販売代理店から申し込みをした方が得になります。しかし、キャッシュバックをもらう為の契約内容には落とし穴があります。長期的にみて、損をすることが無いように、次の2つのポイントを押さえてインターネットの契約をしましょう。

 

 キャッシュバックを貰ったはいいが、結局は損する条件とは?

 

多くの代理店ではキャッシュバックは指定された有料オプションに加入しないともらうことができません。この有料オプションに加入する数が増えれば増えるほど、特典が高額になっていきます。しかし、有料オプションの数が増えれば、月々に支払うインターネット料金は高くなります。更に基本料金だけでなく有料オプションにも二年縛りが適用されることがあります。
現在インターネットは水道・電気・携帯電話などと同様に生活基盤のインフラになっています。一度契約すると長い間、料金を継続して支払うことになります。また、二年間は違約金を支払わなければ解約できない為、得する事とは本末転倒になってしまいます。

 

下の表は代理店のキャッシュバックキャンペーンの非常によくある契約の内訳です。最もお得なのはB社であることがわかります。このB社タイプの代理店はインターネットのサイト上でのみ集客をしているため最も高いコストとなる人件費を抑えることができ、その分を特典に還元できる仕組みになっています。従って、一番お得なインターネット契約は有料オプションの加入が一切必要のないサイト代理店と契約する事である言えます。尚且つ、契約実績が多数ある販売代理店であるれば安心です。

 

販売代理店 特典 基本料金 有料オプション1 有料オプション2 有料オプション3 有料オプション4 月額料金
A社 8万円 回線業者+プロバイダ ネット電話 ネットテレビ 映像サービス イーモバイル 18000円以上
B社 3万円 回線業者+プロバイダ

4000円前後
C社 4万円 回線業者+プロバイダ ネット電話 ネットテレビ リモートサポート

10000円以上
家電量販店 5万円分の商品割引 回線業者+プロバイダ ネット電話 映像サービス ウイルスクリア 指定プロバイダ 10000円以上

 

インターネットの最も素晴らしい所は、無数の有益な情報を無料で得ることができることです。有料オプションに加入しなくてもインターネット上の情報でほとんどの場合、無料で解決することができます。インターネットは回線+プロバイダの基本料金を支払うだけで、接続することができるのです。
更に少しでもキャッシュバックなどの特典をもらえれば、お得であると考えましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

簡単にキャッシュバックが貰えると思ったら大間違い!

 

落とし穴ばっかりですが、オプションの加入によって月額が高くなることだけを注意していてはいけません。
キャッシュバックキャンペーンは契約すれば直ぐに現金がもらえるわけではないのです。最もキャッシュバックが早い代理店でも回線が開通してから翌々月末になります。通常、キャッシュバックの時期は開通してから12ヶ月〜14ヶ月以降に支給されるのが相場となっています。

 

また、キャッシュバックの内容も現金であるとは限りません。郵便為替であったり商品券である場合がありますので申し込みをするときに確認をしましょう。中にはインターネットの支払と交換できるポイント制の所もあります。一番良いのは当然、現金を銀行振り込みで支給してくれる代理店です。

 

そして、一番注意をしなければならないことは、回線の開通が完了すれば特典を自動でもらえるわけではないということです。キャッシュバック申請の手続きをする必要があるのです。この申請手続きが大変な曲者です。キャッシュバックが高額な代理店ほどこの申請手続きが非常に難しいのです。

 

申請手続きとは、代理店から送られてきたキャッシュバック申請用の用紙に記入して返送をする事です。そのやり取りがアンケートなども含めて2往復必要なこともあります。これが郵便の場合はまだよいのですが、現在はプロバイダメールで送られてくる場合がほとんどとなっています。最近はあまり使われないプロバイダメールに、申請案内が届く一年後まで頻繁に不必要な情報のメールが大量に送付されます。その状況で一年後までに一通の申請案内を見逃さずチェックし続けるは至難の業です。更にそのキャッシュバックの申請には期限が一ヶ月間しかないことがほとんどですので、忘れていたりめんどくさがってほおっておくと特典をもらえなくなります。

 

キャッシュバックはもらえなければ意味がありません。代理店は特典の申請の手続きが簡単なところを選びましょう。また、回線開通後に少しでも早く支給してくれる事も重要です。一番いいのは契約直後にサイト上で一回だけ手続きをしておけば回線の開通後、勝手に送付してくれる代理店です。

 

なぜ、代理店が直ぐにキャッシュバックをしてくれないのかとか、面倒なキャッシュバック申込手続きが必要なのでしょう?その理由は高額な特典ですので、代理店側としてみれば違約金を払ってもらっても解約されると損することになり、ユーザーはインターネットの申し込みだけでお金が稼げることになってしまうからです。
実際、家電量販店が行うインターネット契約特典の目玉であった『その場で家電の同時割引』は、家電を割引値段で購入した後に、契約を解除する消費者が頻繁に発生しました。またウソの住所でWiiなどを割引価格で大量購入する人もいて、警察の指導が入り2013年3月から「光回線の工事完了」が特典をもらえる条件になりました。

 

【関連する記事】
・意外と知られていないインターネット料金を安くする常識

 

・インターネットの契約は5種類!得することができるのは1つだけ

 

・一人暮らしのインターネットを決める前に知っておくべき4つの事

 

 

ネットの契約だけで特典がもらえる光回線のおすすめ

高額なキャッシュバックを貰っても、月々のインターネット料金が高くなっては意味がありません。更にキャッシュバックの金額で決めたのに、それが貰えない可能性について考えたことがありますか?特典は契約をしただけでもらえる訳ではありません。

 

更にキャッシュバックは『オプション加入無し』だけに注意していてはダメです。
通常、キャッシュバックについての申請案内の連絡は、自分の良く使うメールアドレスを登録しても送付してくれません。契約したプロバイダから付与される専用のメールアドレスにしか送信してくれないのです。しかもその連絡が来るのは通常、開通してから約一年後です。また、申請可能な期間は連絡が来た月の翌月末までなので、気が付かずにキャッシュバックを貰い損ねることが非常に多いのです。しかも、キャッシュバックの金額が高額になるとプロバイダも料金が高いところを指定されますから、得するはずが損をすることになりかねません。

また、契約期間が長くなればなるほど、月々数百円の差は数年で何万円もの差に拡大し続けます。光回線は住むエリアとアパート/マンションか一軒家で料金が決まってしまいますが、プロバイダは選ぶことができます。つまり、長い間契約することがわかっている場合はプロバイダ料金が安ければ安いほどお得になります。持家での加入のような引っ越しの可能性が低い方はキャッシュバックよりも安い月額が最も重要です。

料金の安さと高額な特典の関係はシーソーのようなもので、残念ながらすごく高額な特典をもらえて、月々の料金も安いといったインターネットの契約はありません。数あるインターネットの申し込み先の中でも月額に応じた最も高い特典とほぼ確実に特典が貰える次の4つを満たす業者を厳選しました。

キャッシュバック(特典)の条件として『オプションの加入』が一切必要ない
特典が現金振り込みで、すぐにもらえる(最短で開通後、翌々月末)
特典の申請が簡単(郵便・プロバイダメールでのアンケートなどがない)
サイトに特典の申請方法・支給時期・申請期間がしっかり明記されている


フレッツ光・光コラボなら|株式会社エイコーテクノ


キャッシュバック
西日本:35000円
東日本:10000円

業界初!面倒な特典の申請手続きが一切不要。キャッシュバックを貰い損ねる心配をする必要なし!



申請手続きが不要な仕組みは単純です。WEBフォームから申し込んだ後に確認電話の際に希望特典と口座番号を聞かれるからです。後は開通後、待っているだけで確実に受け取ることができます。しかも開通後、最短2ヶ月でキャッシュバックが受け取れます。(通常は1年後の所が多い)

進んで特典をくれるプロバイダや代理店はありません。一年後にやっと申請ができて、もらい損ねる可能性があるキャッシュバックよりも確実に早く貰いたい方におすすめです。

西日本エリアの方はキャッシュバックだけでなく、月額も安いのでお勧めです。また、光回線はフレッツ光(光コラボも含む)しか敷設されていない、田舎に住んでいる方にもおすすめです。

 

 

 




関東地方なら安いのに世界最速 Nuro光 | ソネット株式会社(so-net)



キャッシュバック
30000円

月額はすべてコミで4743円のみ。回線速度が現在、世界一位の2Gpbs。
 
ただし、下記の条件が必要です。
@関東の一都六県にお住まい
A一軒家or二階建て以下のアパート

 
キャッシュバックは開通月+4ヶ月後中旬にソネットから案内メールが契約後に付与されるSo-netのアドレスに送られてきます。そのメールを見逃さない限り、サイトから簡単に申請ができます。
オンラインゲームのラグやFXのスリップを回線のせいにできないぐらい速い。しかも、戸建だったらフレッツ光よりも安い!



 





auひかりなら | 株式会社NNコミュニケーションズ



キャッシュバック
ネット+電話:40000円
ネットのみ:33000円

ネットの契約だけで必ず特典がもらえるauひかり唯一の代理店。しかも、最短1ヶ月でキャッシュバックが貰える。


キャッシュバックの手続きは開通後、ホームページ上で簡単に申請することができます。このため貰い損ねる恐れがありません。

フレッツ光のキャッシュバックはNTT東日本よりも、NTT西日本の方が高額ですが、auひかりは東西で分かれていないので、同じ金額です。また、月額料金もフレッツ光より安いので、東日本の方におすすめです。

特にネット電話も同時に契約をする方は、スマホがauであればスマートヴァリュー(セット割)が適用されるので全体の通信費が格段に安くなります。