インターネット契約

インターネットの契約は5種類!得するのは1つだけ

インターネット契約の申し込みは複雑でわかりづらく感じている方が多いかと思います。
お得なインターネットの契約について、やみくもに情報を集めていませんか?

 

インターネットの契約は申し込む窓口ごとに分類してそれぞれのメリットとデメリットを比較すると、最も得することができる契約のタイプが明らかになります。
インターネットの契約は5つのタイプに分類することができます。後で後悔しないように5種類のインターネット契約の特徴をしっかりと把握しましょう。

 

 

回線業者(通信事業者)から契約をする

 

フレッツ光などの回線業者の公式サイトまたは電話で申し込みを行うパターンです。
プロバイダも同時に申し込みをすることができます。
回線事業者はインターネット契約の元締めですから、ほとんどすべてのプロバイダを自由に選ぶことができ、最も自由度の高い契約方法と言えます。また、このタイプの契約の最も大きな特徴は、契約した最初の1年間程度のプロバイダ料金のみが半額もしくは無料になることです。割引の期間と料金は同時契約するプロバイダにより変わりますが、プロバイダの料金は月額平均は約1000円ですから、1年目のみ最大で12000円程度お得になります。
ただし、プロバイダやサイト代理店・家電量販店などの販売代理店から申し込むとキャッシュバックや商品などの特典が付与されますが、回線業者から申し込む場合は、特典が付くことはありません

 

メリット

・回線とプロバイダをそれぞれ自由に選べて、自分の好みに組み合わせることができる

 

・一定期間プロバイダ料金が半額または無料になる

デメリット ・キャッシュバックや商品などを貰える特典が無い

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

プロバイダから契約をする

 

上とは逆にプロバイダの公式サイトからインターネットの契約をするパターンです。
プロバイダは回線の販売代理もしているので、ほとんどのプロバイダで光回線やADSLやモバイルルーターといった回線を選んで同時に契約することができます。
回線業者から申し込む場合と違い販売代理店の特徴であるキャッシュバックや商品などの特典がもらえます。プロバイダからの契約特典は40000円程度が上限となっていて、特典が高額なプロバイダほどプロバイダ料金が高くなる傾向があります。
一番のポイントは特典を貰うために、ほとんどのプロバイダでややこしい手続きを必要とすることです。
特典は契約をすれば自動的に振り込まれたり送られてくることは無く、申請が必要です。その申請の案内も郵便書類かプロバイダメールでの送付となり、書類に口座情報やアンケートなどの記入が必要で、更に複数回のやり取りを必要とする場合があります。また、現金の銀行振り込みではなく、郵便為替(郵便局で返金・返金期限がある)である場合や、1ポイント=1円でインターネット料金の支払いに使えるポイント特典であることもあります。
更に、キャッシュバックの場合は申請できるのが契約してから11ヶ月目以降というところがほとんどで、うっかり申請期限を過ぎると特典は貰うことができません。特にプロバイダメールを日常的に使用しない方は申請の案内メールに気が付かずに期限が過ぎてしまい、特典をもらい損ねる可能性が非常に高いのです。このタイプの契約で重要なことは契約をしてから、約1年後までに忘れずに対応をして確実に特典もらうことです。これらの欠点が気にならない方にとっては大手プロバイダの信頼性と40000円前後の特典からすると、逆にお勧めの契約タイプと言えます。

 

メリット ・キャッシュバックや商品などの特典がもらえる
デメリット

・キャッシュバックが現金ではないことがある

 

・特典の申請と付与の時期が契約してから11ヶ月以降であることがほとんど

 

・特典の申請ができる期間が短いうえに、申請自体に手間が掛かる

 

 

 

WEBサイト代理店から契約をする

 

プロバイダや回線業者のネット上の販売代理店サイトから申し込んで、契約するパターンです。
非常に多くのWEBサイト代理店があり魑魅魍魎とした感すらありますが、一番お勧めのインターネットの契約タイプです。理由は40000円前後の特典を契約直後にサイトから申請するだけで最短2ヶ月後に現金振り込みをしてくれるからです
回線もプロバイダも1つの代理店から同時に契約ができますが、特典の絡みで回線を主体として決めた時に選べるプロバイダの数は少なくなります。
WEBサイト代理店からの契約の特徴は代理店によって異なりますが、なんといっても最大で80000円程度のキャッシュバックなどの高額な特典がもらえることです。
ただしメリットの裏にはデメリットがあり、高額なキャッシュバックを貰う条件として映像サービスやセキュリティオプションなどのインターネットの接続に関係のない有料オプションの加入が必須になっています。
サイト代理店を選ぶ時の一番のポイントは特典の高額さで選ぶのではなく、特典をもらえる条件に無駄なオプション契約が必須ではない所を選ぶ事が鉄則です。
目安としては43000万円以上の特典がもらえる所は、なんらかの不必要なオプション契約を条件としていますので注意が必要です。インターネットの接続で必要な回線とプロバイダの基本料金のみで、オプション契約一切必要なしの場合、キャッシュバックの相場は5000円〜43000円です。これは回線事業者から代理店に支払われる紹介料が決まっているのでこれ以上高い特典を出すのは難しいはずなのです。

 

 

サイト代理店を選ぶときの5ポイント

 

  @特典の付与する時期が明記されている

 

  A特典の申請期限が明記されている

 

  B特典の申請方法が明記されている

 

  Cキャッシュバックが現金振り込みと明記されている

 

  Dオプション加入一切必要なしと明記されている

 

 

上記のようなキャッシュバックキャンペーンの落とし穴が無い代理店に、インターネット契約の申し込みをすれば、最もお得です。

 

メリット

・キャッシュバックや商品などの特典が貰える

 

・特典の申請が簡単で付与される時期も早い

デメリット

・サイト数が多すぎて本当に得ができる代理店の選定が難しい

 

・ほとんどの場合プロバイダが限定されていて、選べるプロバイダが少ない

 

 

 

電気量販店の店頭から契約をする

 

ほとんどの家電量販店はプロバイダや回線業者の販売代理店となっています。
家電量販店の店頭などで、「指定した回線とプロバイダでインターネットの契約をすると、家電製品を〜万円安くします」といったキャンペーンをよく見かけると思います。
例えば、10万円のパソコンを買う時に一緒に指定されたインターネット契約をするとパソコンが5万円割引されるといった、たいへん高額な特典が多いです。
一見たいへんお得に見えます。
しかし、回線とプロバイダが自由に選べない上に、ほとんどの店で特典を受ける条件として指定された有料オプションの契約が必須となっています。
無駄なオプションに月々お金を払うことになり、長い目で見るとたいへんな損をしてしまうことになる契約内容となっています。

 

メリット ・高額な商品の割引や商品券などのキャッシュバック特典が貰える
デメリット

・特典をもらうために有料オプションの契約をする必要があり、月々の料金が割高になる

 

・自由に回線とプロバイダを選ぶことができない

 

 

 

訪問・電話勧誘による代理店から契約をする

 

固定電話をもっている方はよくNTTから「今よりも月々の料金が安くなる」とか「ノートPCを無料で差し上げます」などの特典でインターネット契約の勧誘電話があるかと思います。
そもそもこれはNTTの代理店からの電話勧誘であって、NTTは勧誘をしません。
この勧誘による契約も多くがプロバイダと回線が指定されていて、無駄な有料オプションに契約することが特典を受ける条件になります。

メリット ・高額な商品の割引や商品券などのキャッシュバック特典が貰える
デメリット

・特典をもらうために有料オプションの契約をする必要があり、月々の料金が割高になる

 

・自由に回線とプロバイダを選ぶことができない

 

 

【関連する記事】
・意外と知られていないインターネット料金を安くする常識

 

・インターネットの料金は月額だけを見て決めると後悔する

 

・一人暮らしのインターネットを決める前に知っておくべき4つの事

 

ネットの契約だけで特典がもらえる光回線のおすすめ

高額なキャッシュバックを貰っても、月々のインターネット料金が高くなっては意味がありません。更にキャッシュバックの金額で決めたのに、それが貰えない可能性について考えたことがありますか?特典は契約をしただけでもらえる訳ではありません。

 

更にキャッシュバックは『オプション加入無し』だけに注意していてはダメです。
通常、キャッシュバックについての申請案内の連絡は、自分の良く使うメールアドレスを登録しても送付してくれません。契約したプロバイダから付与される専用のメールアドレスにしか送信してくれないのです。しかもその連絡が来るのは通常、開通してから約一年後です。また、申請可能な期間は連絡が来た月の翌月末までなので、気が付かずにキャッシュバックを貰い損ねることが非常に多いのです。しかも、キャッシュバックの金額が高額になるとプロバイダも料金が高いところを指定されますから、得するはずが損をすることになりかねません。

また、契約期間が長くなればなるほど、月々数百円の差は数年で何万円もの差に拡大し続けます。光回線は住むエリアとアパート/マンションか一軒家で料金が決まってしまいますが、プロバイダは選ぶことができます。つまり、長い間契約することがわかっている場合はプロバイダ料金が安ければ安いほどお得になります。持家での加入のような引っ越しの可能性が低い方はキャッシュバックよりも安い月額が最も重要です。

料金の安さと高額な特典の関係はシーソーのようなもので、残念ながらすごく高額な特典をもらえて、月々の料金も安いといったインターネットの契約はありません。数あるインターネットの申し込み先の中でも月額に応じた最も高い特典とほぼ確実に特典が貰える次の4つを満たす業者を厳選しました。

キャッシュバック(特典)の条件として『オプションの加入』が一切必要ない
特典が現金振り込みで、すぐにもらえる(最短で開通後、翌々月末)
特典の申請が簡単(郵便・プロバイダメールでのアンケートなどがない)
サイトに特典の申請方法・支給時期・申請期間がしっかり明記されている


フレッツ光・光コラボなら|株式会社エイコーテクノ


キャッシュバック
西日本:35000円
東日本:10000円

業界初!面倒な特典の申請手続きが一切不要。キャッシュバックを貰い損ねる心配をする必要なし!



申請手続きが不要な仕組みは単純です。WEBフォームから申し込んだ後に確認電話の際に希望特典と口座番号を聞かれるからです。後は開通後、待っているだけで確実に受け取ることができます。しかも開通後、最短2ヶ月でキャッシュバックが受け取れます。(通常は1年後の所が多い)

進んで特典をくれるプロバイダや代理店はありません。一年後にやっと申請ができて、もらい損ねる可能性があるキャッシュバックよりも確実に早く貰いたい方におすすめです。

西日本エリアの方はキャッシュバックだけでなく、月額も安いのでお勧めです。また、光回線はフレッツ光(光コラボも含む)しか敷設されていない、田舎に住んでいる方にもおすすめです。

 

 

 




関東地方なら安いのに世界最速 Nuro光 | ソネット株式会社(so-net)



キャッシュバック
30000円

月額はすべてコミで4743円のみ。回線速度が現在、世界一位の2Gpbs。
 
ただし、下記の条件が必要です。
@関東の一都六県にお住まい
A一軒家or二階建て以下のアパート

 
キャッシュバックは開通月+4ヶ月後中旬にソネットから案内メールが契約後に付与されるSo-netのアドレスに送られてきます。そのメールを見逃さない限り、サイトから簡単に申請ができます。
オンラインゲームのラグやFXのスリップを回線のせいにできないぐらい速い。しかも、戸建だったらフレッツ光よりも安い!



 





auひかりなら | 株式会社NNコミュニケーションズ



キャッシュバック
ネット+電話:40000円
ネットのみ:33000円

ネットの契約だけで必ず特典がもらえるauひかり唯一の代理店。しかも、最短1ヶ月でキャッシュバックが貰える。


キャッシュバックの手続きは開通後、ホームページ上で簡単に申請することができます。このため貰い損ねる恐れがありません。

フレッツ光のキャッシュバックはNTT東日本よりも、NTT西日本の方が高額ですが、auひかりは東西で分かれていないので、同じ金額です。また、月額料金もフレッツ光より安いので、東日本の方におすすめです。

特にネット電話も同時に契約をする方は、スマホがauであればスマートヴァリュー(セット割)が適用されるので全体の通信費が格段に安くなります。